いろんなスタイルの占い相談をしていくことで本当に当たる占いが解るようになる

神様、天使、霊、天界、あの世、そんな話は人間の想像物、そう考えている人は多いでしょう。神様の使いだという占い師を知ってからは、私は天界や霊について馬鹿にできなくなりました。占いの界隈では伝説となっている占い師なのですが、ツテで会ったことがあるのです。

天使、といっても現世では人間の身体を借りて暮らしています。普段は普通の人間として生活をしているが、天使さながらの能力を持っています。神様は世界の創造主なのだから過去も未来も知っており、天使にもわずかにその能力を与えられているそうなのです。

占い師には前世は霊界にいた、自分は堕天使だ、と言う人は多いそうなのですが、私は信じられずなんだか思い込みの激しい変わった人だな、としか思っていませんでした。その占い師に出会うまでは。占い師は石を集めており、占い師の部屋には綺麗な石がコレクションされていました。

まずは過去を言い当てたら、未来についての予言も信じよう、と様子を見ました。すると、占い師は祖父を亡くしている事、ペットを亡くしている事、私が以前大病を患っていた事、恋人がいたが悲惨な別れ方をした事、全て当ててきました。これには唖然。

過去を言い当てられた私は、天や霊界などの不思議なパワーを信じざるを得ませんでした。私はどうしたらこれから幸せになれるのか、と占い師にすがりました。占い師は私を導き、明るい未来のための助言をくれました。こうしておれば幸せな未来に辿り着く、と言われ私はその言葉を信じながら生きてきました。

そして今、やっと心から幸せ、と言える状況に落ち着きました。心の足かせが無くなり、楽と幸せを享受しています。信じる者は救われると言いますが、その通りだと思いますね。